スポーツ観戦が10倍楽しめる!選手まとめサイト

スポーツ観戦が10倍楽しめる!選手まとめサイト

スポーツ観戦をより楽しむために選手に関して詳しくまとめてあります。

ベルギーから帰国!サッカー小野裕二に迫ってみた

ベルギー・ジュピラーリーグのシント=トロイデンVVに所属する小野裕二(24)のJリーグ復帰しサガン鳥栖への移籍が発表されました。日本時代からフォワードをつとめコンスタントに得点を決めてきました。近年はケガも続き、なかなかいいプレーができていませんでしたが、高い能力を誇るためJリーグでの活躍が期待できます。

そんな小野裕二について調べてみました。

小野裕二の経歴

小野選手は1992年12月22日に神奈川県横須賀市に生まれます。横浜Fマリノスのユースチームに所属しトップチームに昇格します。FC岐阜に所属する小野悠斗選手は実の兄です。兄の悠斗選手は同じ横浜Fマリノスの下部組織にいましたがトップチームの昇格はかなわずオランダやメキシコを渡り歩き、サッカー選手としての能力を鍛え、日本に2014年に戻ってきました。

悠斗とともに、裕二は城北ファイターズに入団します。親がサポート役としてファイターズのコーチになりサッカーの虜になった小野兄弟はサッカー三昧の日々となります。一つ年上の兄と一緒にプレーし、いつも年長のチームに入ったことで常に厳しい環境でサッカーをしてきました。兄と練習して一緒にうまくなるというパターンがサッカーに限らずプロになる選手には多い印象です。

城北ファイターズが週末しか練習のない小さいスポーツ少年団だったため、ストリートサッカーで毎日、地元の小、中学校でサッカー少年達とボールを蹴り合っていました。小学1、2年生のちびっこのときから6年生とたたかいつづけ、跳ね返されてもあきらめずにしかけ、強い心を養います。ストリートサッカーはブラジルやアルゼンチンでは盛んですが、日本国内でストリートサッカーで力をつける選手は小野裕二兄弟と、小野伸二選手くらいではないでしょうか。

横浜Fマリノスでプロの道へ

高校生になってから1年生からユーズのAチームに選ばれます。

2年生の夏には早くもトップチームの練習に参加します。このときはプロの厳しさにすぐ跳ね返されますが、一年後に再びトップチームに昇格する機会がやってきました。

横浜FC相手の試合で2点を決めて、当時の木村和司監督に注目され念願のトップチームの一員となりプロ契約を果たします。ガンバ戦でスタメン出場を果たし、ロスタイムのアシストでチームの勝利に貢献するにいたります。小野選手の同じ世代では天才宇佐美貴史選手がおり、小野選手のライバルの1人となっています。

f:id:sportsmania:20170117225724j:plain

プロ1年目は10番をつけます。高卒1年目から10番をつけて活躍する選手はなかなかいません。途中出場も多かったがデビュー一年目としては上々のできでした。2年目からはチームの主軸としてほぼ全試合に出場します。層の厚い横浜Fマリノスで試合に出続ける若干19歳の選手には当時すさまじいインパクトをうけました。

中澤選手や中村俊輔選手とともに勝てない時代を過ごしますが、ともに共闘しチームの再建をにないました。そんななか、2013年に海外移籍のオファーがきます。

迷うことなく、ベルギー行きを決めて移籍を果たします。わずか20歳でベルギー一部リーグへの移籍を果たします。

海外での苦悩

移籍先はGK川島永嗣選手も所属する強豪スタンダードリエージュ 。1年目は9試合の出場にとどまりますが、2年目からは飛躍が期待されていました。

しかし、プレシーズンに負傷退場します。結果は左膝前十字靭帯断裂。

急ぎで日本に帰国し手術を受けます。手術はおわるもののリハビリがきつく膝もろくに曲がらない生活がつづきます。「絶対に治して、またサッカーがしたい!」「今までよりも強い自分になって復帰する」という強い気持ちをもってこのときはのりきりました。その後JISS(国立スポーツ科学センター)にうつり試合復帰に向けた本格的な取り組みがはじまります。泊まり込みでトレーニングにうちこみ、元の状態にほぼ近いところまで回復します。

f:id:sportsmania:20170117225734j:plain

しかし、その後復帰した小野裕二は、度重なる監督交代や、途中出場しかできない日々、ベンチ入りもままならない状態、ケガの再発といった状況が重なり、上向きな状態が続くことがほとんどありませんでした。

そしてとうとう2015年にはスタンダールリエージュを戦力外となり、STVVへ移籍します。STVVでは安定したプレーをみせ、主力としてベルギー時代最多の試合出場を果たします。しかし、2017年にチームを離れ日本に戻る決断をします。

 

日本へ復帰した後はどうなるか。

日本ではコンスタントに試合にでつつ、ケガの状態を回復させることに重きを置くものと思われます。海外で培った経験が必ず日本のリーグでもいきるでしょう。

激しいプレースタイルになれているので日本ではチームを引っ張る存在になってほしいです。まだ20代中盤ですのでフル代表の選出も期待できます。

サガンには豊田もいますのでその活躍が楽しみです。