スポーツ観戦が10倍楽しめる!選手まとめサイト

スポーツ観戦が10倍楽しめる!選手まとめサイト

スポーツ観戦をより楽しむために選手に関して詳しくまとめてあります。

箱根駅伝総合優勝 「青山学院大学」について調べてみた

箱根駅伝は学生駅伝の頂点

毎年、お正月の風物詩となっている箱根駅伝です。関東の学生ランナーにとっては最高峰の舞台であり、多くの高校生がこの舞台を目指して大学へ進学してきます。

2017年の今年は青山学院大学が3年連続の総合優勝をかざりました。前評判通りといったところですが、山の神こと神野大地選手がいなくなったこともあり、なかなか記録が伸びなかった青学でした。しかし、復路でも安定した走りを展開し、無事総合優勝を果たしました。東洋大学、早稲田大学はほとんど歯が立たなかったのが現状だったと言えます。層の厚さが違いましたね。

優勝した青山学院の選手を紹介したいと思います。 

1区 梶谷 瑠哉

 

スタートを走ったのは梶谷選手です。青山学院はスタートで出遅れなければ確実に優勝すると思っていましたが、ほぼ100点に近い走りが出来たと思います。1年のころから駅伝のメンバーに入っていましたが、3大駅伝は初の出走でした。これまでの記録会では、あまりぱっとした記録が出ていなかったため、東洋大の服部弾馬選手と比べると厳しいのではと思っていましたが、走ってみると、かなり力強い走りでした。トップと4秒差の4位だったのでよい走りでした。

2年生ということですが、来年以降の青学を背負って立つ存在なので記録の面でもっと他校を脅かす存在になれば、かなりいい線までいけると確信しています。高校は地元では強豪校ですが全国的にはそこまで名の知れた学校ではなく、超トップクラスの選手がなかなかいない中、ここまで伸びたのは大学での指導の成果だと思われます。スタミナの克服が課題です。

 

出身高校

栃木・白鴎大足利高

 

自己記録

1万メートル

28.52.94     

ハーフ

1.04.12

 

2区 一色 恭志

青学では、近年、出岐選手(すでに引退)、久保田選手に並びエース格と呼べる存在と言えますが、今一歩、伸びが足りない選手だと思います。 1万メートルも27分台に突入してもおかしくないポテンシャルです。今回の大会でも区間3位という結果に沈みましたがエースの役割は十分に果たしたと思います。神奈川大学の鈴木選手があそこまで来るとは誰も予想していなかったでしょう。

一色選手は、東洋大の服部選手と高校時代から同級生です。仙台育英に入学し、豊川高校(愛知県)に転校します。全国高校駅伝では、区間賞を獲得する走りで優勝に貢献しました。この転校はかなり物議を醸しましたが、監督が仙台育英から豊川にいったためついていったという形になりました。結果能力を伸ばせたのでいい転校だったと思います。

一色選手は日本の将来を担うためにもっともっと伸びてほしいです。青学ではもっとも期待していた出岐選手は箱根以上の目標が見つけられず引退になりましたが、太く長い選手になることを一色選手には期待しています。

 

出身高校

愛知・豊川高

自己記録

1万メートル

28.23.40    

ハーフ

1.02.09
 

 

3区 秋山 雄飛

区間賞の秋山選手です。監督が秋山選手だけ心配といっていましたが、おそらく戦略的な発言だと思います。1万メートルほぼ29分台なので、際立って優れた選手ではないですが、スタミナのある走りができます。コンディションさえよければ他の区間でも十分通用する選手です。須磨学園高校時代から、非常に優秀な選手でした。

高校3年生時に全国都道府県対抗の男子駅伝に兵庫県代表として出場して、4区(5km)を担当しました。区間新記録(14分07秒)の快走でトップとなり優勝に貢献しました。比較的短い距離に強い印象でしたが、現在は長い距離に強い選手になりました。

 

出身高校

兵庫・須磨学園高

自己記録

1万メートル

28.58.93    

ハーフ

1.02.29

 

4区 森田 歩希

全日本駅伝で区間賞をとった森田選手です。記録だけ見るとかなり平凡で、全日本を走るまで青学の選手でも正直ノーマークでした。今回は区間二位の快走で後続との差を広げ、5区にうまくつなぎました。

この選手は中学時代はスーパーエリートの選手で5000mの中学記録を樹立しました。高校時代はケガの影響から記録ものびず終わってしまったかに見えました。高校で伸び悩む選手は多くその中の一人に入るはずでした。しかし、青学入学後は指導によってめきめきと本来の力をだし、記録を出し続けます。一方、勝負弱さも目立っていたためメンバーに入るかというところでしたが全日本で自信をつけて以降はほぼ当確メンバー入りしています。

2年生ですので今後の飛躍に期待がかかります。

 

出身高校

茨城・竜ヶ崎一高

 

自己記録

1万メートル

29.58.37    

ハーフ

1.03.01

 

5区 貞永 隆佑

貞永選手ですが、5区の山登りを担当しました。決して、優れた記録ではありませんでしたが、かろうじてトップを守る走りでした。前半ややつっこみ気味の印象でしたのでそれがそのまま後半に響いていました。最も青学内でやりたくない区間だったのでそこを引き受けて、やりきったところは素晴らしいです。とはいえ山の適性はあまりあるようには感じませんでした。平地でもっと記録を伸ばしてほしいです。3年次になってからなかなか記録の伸びはありませんでしたが、練習時から体が強くなり、負けないランナーになっています。もっと記録が伸びたらエースになるかもしれません。

 

出身高校

広島・世羅高

 

自己記録

 

1万メートル

29.02.52     

ハーフ

1.06.04

6区 小野田 勇次 

早稲田が山下りで一気に差を詰めると思いきや小野田選手は素晴らしい走りで差を広げ、個人としても区間2位の素晴らしい走りでした。下りの選手のイメージではありませんでしたが、全日本でも強さを見せていたので安定して走ることは予想されていました。東洋や早稲田、順天堂が6区にいい選手をあてれなかったのがかなり厳しい戦いにしてしまいました。まだ、2年生であるので今後の成長が楽しみです。来年は1区に起用していいランナーでしょう。

 

出身高校

愛知・豊川高

 

自己記録

 

1万メートル

29.59.31 

ハーフ

1.04.57

7区 田村 和希

今回、唯一の波乱でした。まさかの区間11位に沈み、後ろにいた早稲田大学に追いつかれるのではないかという走りでした。中盤まで素晴らしいスピードで設楽選手の区間記録に迫るのではというところでしたが、終盤失速しました。最も、1万メートルの記録が青学内で早く、いわばエース的存在だったのですが、まさかの失速でした。まだ、3年生なので今回のくやしさは来年で晴らしてほしいです。失速してもなお3分30秒はきらなかったのでなんとかいい走りでした。失速しても区間11位だったのでいかに前半の走りがよいのか、そしていかに能力が高かったのがが逆にわかりました。

 

出身高校

山口・西京高

 

自己記録

 

1万メートル

28.18.31 

ハーフ

 

1.02.22

8区 下田 裕太

不安の7区を受けての8区でしたが、下田選手は快走でした。圧倒的な区間賞でした。優勝を決定的とした復路のMVPでした。名門高校の出身ではありませんが、青学に入学後、力を確実につけてエース格予備軍になってきました。4年次には4区を走る選手になるのではないでしょうか。昨年も区間賞で、後半の伸びが特徴です。フォームが後半でもあまり変化しないので、強いランナーです。

すでにマラソンでも2時間11分をだしており、今後マラソンでも結果を出せそうです。もともとはフォームで伸び悩んでいましたが、これも原監督の指導で改善し今の結果を出せるようになりました。この選手を8区におけるのはもう、他大学では勝てないでしょうね。

 

出身高校

静岡・加藤学園高

自己記録

 

1万メートル

 28.18.31

ハーフ

 1.02.22

9区 池田 生成

池田選手も9区で区間2位と素晴らしい走りをしました。後続との差を圧倒的なものとし、次につなげました。4年生ですがこれまで出走の機会に恵まれていませんでした。佐久長聖高時代から結果を出していたので、昔の青学であればすぐにいい選手になれそうでしたが、現在の青学の常勝の波にうまく乗れていませんでした。記録に伸び悩んでいても4年生として、しっかりと強い走りを続け今回、エントリーにいたりました。区間賞をとってもおかしくない走りでした。

 

出身高校

長野・佐久長聖高

 

自己記録

 

1万メートル

28.51.31 

ハーフ

1.02.45

10区 安藤 悠哉

豊川工業出身の安藤選手ですが、最終区置きにいかない走りで優勝のゴールテープをきりました。安藤選手は3年生の後半からようやく芽を出し始めて前回の箱根駅伝に出場しました。今年の3大駅伝でもメンバーに入り続けて、結果を出しました。やや苦しそうな走りをしているのですが、本人はそれほど苦しくなく、ペースをきざんでいます。青学最終区にふさわしい走りでした。

 

出身高校

愛知・豊川工高

 

自己記録

 

1万メートル

28.49.73 

ハーフ

1.03.37 

 

 

来年以降も青学は強い

2018年も青学が本命視されています。平均タイムが青学が安定しており、早大や東洋に爆発する選手がいない限り2018年優勝も堅そうです。原監督の指導力の高さが高く評価されています。これほど継続して強い大学は近年では駒澤大学くらいだったと思います。結果を見ると駒沢を上回り、平成史上最強のチームでしょう。

青学おめでとう!!!!